お金 返せない

お金を返せない人の為のサイトです。

お金を返せない人の為のサイトです。

お金を返せない人の為のサイトです。
 
私も同じ経験がありましたが、
私は返さずにすみました。
 
皆様の参考になればと思い、
私がした方法を書かせて頂きます。
(前半に闇金編、
 後半に消費者金融編と書いていきます。)

 

 

私は消費者金融や闇金といった感じで
一通りの借金がありました。
 
普通に
 
キャッシングから闇金
 
という、流れです。
 
これの総額が約450万くらいありました。
 
ここまで借金は膨らむと返すのは
非常に大変です。
 
金利が10%なら金利だけで月に約4万円の返済。。
元本を減らそうと思ったら月に最低10万円は

返済しないと一生減りません。
 
ここに闇金も加わると月に20万円は必要です。
 
これではお金を返せなくなるのは
必然です。
 
その整理内容ですが、
まずは違法な闇金からです。
 
 
〜〜〜〜闇金を返さない方法〜〜〜〜
闇金の借金は違法ですので、
法律で返さなくて良いと決まっています。
 
しかし、、、、、

 
返さないと怖い目に合う。
 
と、思いがちですが、
実際に違います。
 
素人が直に交渉すると
脅されますが。
ここで法律家を使います。
 
法律家を使うと闇金業者は
いっさい、取立てを辞めます。
 
理由は簡単です。
 
少ない貸付金で捕まるリスクを負うのは

わりに合わないからです。
 
捕まるリスクがある債務者を追いかけるよりは
素直に払う人を追いかけた方が良いからです。
 
ヤツらもビジネスですので、
計算して行動します。
 
闇金はしっかりと専門家に依頼しましょう。
 
私が調べた
闇金に強く、
24時間電話で無料相談対応してくれる事務所は下記です。
依頼費用も後払いで分割可能ですので、
有り難いです。
 

どの事務所も有名ですが、
手法や費用は少し違いますので、
全部に電話などで相談するのが
1番安く闇金問題を解決する近道です。
 
・アヴァンス法務事務所
http://www.avans.zimusyo.com/
闇金専用電話番号 
0120-740-323

 

 

・ウォーリア法務事務所
http://www.warrior-law.jp
闇金専用電話番号
0120-750-178

 

 

・ジャパンネット法務事務所
http://www.japannet-houmu.com/
闇金専用電話番号     
0120-750-307

 

しっかりと、相談して闇金を撃退しましょう!!

 

 

 

〜〜〜〜〜消費者金融を返さない方法〜〜〜〜〜

 

闇金問題が解決したら、
次は消費者金融です。
 
こちらも自分で解決方法を探すのかなり難しいと思います。
 
とりあえず専門家へ無料相談をしてみて下さい。
 
その時に大体で構わないので、

 

どこからいくら、何年借りている、または返した。
 
という、データを記憶に残っている限りで構わないので
伝えて下さい。
 
借入をしてい時期や
会社によっては
違法金利での貸し付けや過払い金が
かなりの確率でわかりますので、
借金を返さなくて良い可能性が出てきます。
 
こちらもアヴァンス法務事務所が良いです。
アヴァンス法務事務所は弁護士事務所ではないので、
もし、依頼まで話しが進んだ時は
依頼費用が安いという理由と、
解決実績が多いという理由です。

 
闇金とはHPや電話番号を分けて専門的に対応してくれています
・アヴァンス法務事務所
http://www.avance-law.com/
24時間借金相談無料窓口
0120-832-672

 

 

後は、
電話は苦手でとりあえず

 

匿名でメール相談がしたい
 
方は下記がオススメです。

 

・街角法律相談所の
借金シュミレーション
http://www.machikado--soudan.com/

 

こちらは
30秒で借金減額シュミレーション
出来るサイトです。

 

名前(匿名と入力)
電話番号
住所
入力不要
借金減額が可能かメールで回答がもらえます。
 
実際に依頼した人の97%以上の人が
減額に成功していて、
いままで50000人以上の方が
利用しているサイトですので、
是非参考にして下さい。
 
以上になります。
 
こんな情報ですが
皆様の参考になればと思います。

 
最後までお読み下さり、
ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金 返せない

 

お金が返せない

 

 

お金は何かと入り用です。

 

食べ物を買うにも、
着るものを買うにも、
移動するにも、
私たちはお金を毎日のように使っています。

 

毎日使うということは、
毎日が返せないということ。
お金は湯水のように湧くものではないので、使えばなくなるという限度のあるものなので、際限なく使ってはいつか無くなってしまいます。

 

万が一お金が返せない状況になってしまったら?
皆さんはどうしますか?

 

中には単発のアルバイトをしてお金を稼いだり、物を売ってお金を稼ぐ方もいると思いますが、
「お金を借りる」という手段もあります。

 

確かにお金を借りるということが出来れば、勿論後には返済しなければなりませんが、「お金が今すぐ必要!」という時には便利な手段です。
お金 返せない
ですがこれはあくまで「お金が借りれる」場合の話で、「お金が返せない」というケースも中にはあります。

 

お金が返せないというのは、一体どうしてでしょうか?
返せない理由が何かあるのでしょうか?

 

勿論返せないのには、それ相当の理由があります。
お金 返せない
例えば…

 

・すでに他社で借入をしている状態。
・他社で借入をしているのにも関わらず、返済が遅れている/滞納している。
・収入が少ない/無い。
・生活保護で暮らしている。
・返せるという保証がない。
・借り入れ以外の支払うべきものが未払い(携帯電話代など)
・就いている仕事が問題

 

などなど様々な問題が考えられます。
お金 返せない
まず、複数の他社から借り入れをしている場合、
「この人にお金を新たに貸しても、返ってくるかどうか保証がない」
というのが返せない大きな理由になるでしょう。

 

すでに何社からも借り入れして借金をしている状態で、
さらに借り入れをしようとすると、
消費者金融業者から見れば、
「お金の余裕がない人」
に見られてしまいます。

 

そのため他社からの借り入れがすでにある人の場合は、
新たに借り入れをするのが難しいでしょう。

 

また、すでに借金を抱えていて、その借金の返済が滞っている人は、
返せない場合が多いでしょう。

 

借金返済ができない/滞っている=お金を持っていない/信用できない

 

という図式になるので、今ある借金を返済できていない方は、
お金を返せないかもしれません。
ちなみに携帯電話の代金などの支払いが滞っている場合も、
お金を返せない理由のひとつにもなりうるので、
払っていない方は支払うようにしましょう。
お金 返せない
それから、生活保護などで生活している、もしくは定職に就かず、
アルバイトだったり、収入が少なかったり、無かったりする場合も同じで、
お金が返せない場合が多いです。

 

というのもやはりお金を貸しても返せない可能性が大きいからです。

 

このように、消費者金融から見て、やはり

 

「お金を貸しても返ってくる保証が無い人」

 

にはお金を貸してくれないことが多いですし、
お金を借りたくても借りれないというケースが多くなるのでしょう。

 

お金を借りる=借金する
というのは、できればしたくないものなので、
借りれないなら借りれないほうが良いのかもしれませんが、
それでもお金が必要で、どうしてもお金を借りたい、でも返せない、
という方は上記のような点に当てはまっていないか、
チェックしてみて下さい。
お金 返せない

借金返済シミュレーションを使ってみよう!

借金返済シミュレーションを使ってみよう!

 

 

お金を借りる前にしておきたいことが、返済計画をきちんと立てておくことです。
これぐらいで返せるだろうと適当に決めていると、思ったよりも返済が大変で途中で返済に行き詰まってしまうこともありえます。
返済計画というと難しそうですが、借金返済シミュレーションを利用すれば、簡単にどれぐらい返済すればいいのかが計算できます。
借金返済シミュレーションは消費者金融などのウェブサイトなどから無料で利用できますので、検索してみてください。使い方も簡単なので安心してください。
まず借入金額を入力し金利と返済回数を指定するだけで、毎月どれぐらい返済をする必要があるのかを教えてくれます。
ボーナスで多めに返済する予定の人は、ボーナス返済分の金額も入力するといいでしょう。ボーナスからの返済を予定していない人は入力の必要はありません。
もし思っていたよりも返済額が多いようであれば、返済期間を長くしてみるなどの調整をしてみましょう。ただ、あまりにも返済が期間が長いと利息の分だけ最終的に支払う金額も多くなってしまうのでその辺のバランスを考えてみてください。

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ